早慶レガッタインタビュー COX

黒田 諒

2017対校エイトCOX

今村 匠

2017第二エイトCOX

足立 里菜

2017女子対校エイトCOX

——今回のゲストは、対校・第2・女子エイトのコックスの方々です!

対校:黒田諒(商学部3年)

第2:今村匠(商学部4年)

女子:安立里菜(文学部3年)

——よろしくお願いします。

一同:よろしくお願いします。

——早速ですが、3人が務めるコックスとはどういうポジションなんですか?

黒田:コックスがやることは、艇の舵を切って、漕手にコールしてっていうのをシンプルにやることで、、、ですよね?

安立:(笑) これちゃんとインタビューになるかなぁ(笑)

黒田:正直楽なポジションだよね。

安立:それ言っちゃダメでしょ!

黒田:漕手みたいにフィジカル的にきつくないって意味でね!

安立:なるほど。

——今村はどうですか?

今村:はい私はコックスというものは、艇の進路を正すべき存在であると感じております。

黒田&安立:(笑)

黒田:1人だけテンションが、、(笑)

——コックスって感覚がすごく大切と聞きますがそれについては?

黒田:確かに艇の動きは敏感に感じ取らないといけないですね。

今村:まぁ確かにそれも大切なのですが、人によってその感じ方は違うので、感覚というよりは、、私は“技術”のほうが重要であると考えています。

——なるほど、コックスの“技術”とはなんですか?

今村:コックスの技術というのはやはり、、漕手を一般化することではないですかね。

黒田&安立:(笑)

黒田:すごく難しいことおっしゃるじゃないですか!

——漕手を一般化する、、なるほど深いですねー。

黒田:コックスの技術といえば、舵切りはその一つですね。

艇やその素材ごとによって曲がり方が違うから、乗る艇によって舵の特徴を完璧に理解しないといけないです。

——舵の上手い下手は何で決まるんですか?

一同:真っ直ぐ進めるかどうか(笑)

——すみません、当たり前のことでしたね。

早慶戦の会場である隅田川はカーブが非常に多いので、コックスの舵はとても重要になってきますね?

黒田:最短距離で行きたいけど、直前で舵を切りすぎたりすると艇が流れたりするから、カーブはかなり慎重に攻めないといけないですね。

今村:その通り。

——次に、コックスならではの悩みやあるあるってありますか?

今村:ある。結構舵が簡単だと思われがちで、ちょっと曲がっただけで怒られるのは困る。

黒田&安立:(笑)

黒田:エイトとかになってくると、左右のパワーバランスとかもあるから結構難しいんですよ。

安立:あと冬は寒い。

黒田:確かに。冬はめっちゃ寒い(笑)

今村:水かかったりしたらもうね..

黒田:あとエイトだとストロークと顔が近すぎて、目のやり場に困る。

安立:それ分かる!サングラスすれば大丈夫だけど!

今村:グラサン必須だね。

——ありがとうございます。

では早慶戦で勝つために必要なこととは?

今村:1人1人の勝ちたいと思う意志ですね。

黒田:750m地点の両国のカーブ。あそこは大きな勝負の分かれ目でもあるので、いかに良いコースで進めるかがキーになります。

安立:女子は男子に比べてコースが短くほとんど真っ直ぐなので、早稲田より前に仕掛けていきたいです。

——最後に、試合当日、自分のここを見てほしいポイントはありますか?

黒田:もちろん、勝った後のガッツポーズ。

今村:今年、慶應はインコースなので、早稲田を差していく(抜いていく)ところを見ていてほしいです。

安立:必ずスタートで前に出るので。そこを見てください!

——分かりました!ありがとうございました!

本番期待しています!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email