大学から
はじめたことで
日本一を目指そう

カレッジスポーツを知る

ボート競技はカレッジスポーツと呼ばれ、欧米で盛んなスポーツです。

8割の選手が大学から始め、誰もが本気で日本一を目指します。

高校では文化系の部活やほかの競技で頑張ったからこそ、学生最後に素晴らしい思い出を作りませんか?

端艇部の大きな特徴は、学業とスポーツの両立です。

大学での学びはもちろん、スポーツを通じて仲間ともに学び、楽しみ、考えることを通じ、塾生の模範となることを目指します。

授業に合わせて柔軟に練習時間を設定できるのはもちろん、ニュージーランドへの短期語学留学制度があり、毎年多くの学生を派遣しています。

ボートとは

ボートとは、オールを使って漕ぎ、スピードを競う競技です。
ボートレースでは通常2,000m、高校生や小規模のレースでは1,000m、早慶レガッタでは3,750mのタイムを競います。


究極のチームスポーツ

ボート界の花形種目であるエイトは、8人+コックス1人でボートを漕ぎます。

実質9人乗りのこのボートは全長17m、重さは96kgです。

陸上では経験できないスピードと迫力を体現できます。

全員が同じ動きをし、力を合わせて勝利を目指す。まさに究極のチームスポーツです。

早慶レガッタ

早稲田大学とのボートの対抗戦である「早慶レガッタ」は、
イギリスのオックスフォード・ケンブリッジ、
米国のイエール・ハーバードの大学対抗戦と並び、
世界の「三大レガッタ」と称され、
隅田川に3万人もの観客を動員する日本随一の大会です。

春の隅田川で、早慶の選手が大観衆の中で一糸乱れぬ戦いを繰り広げます。
平成最後の早慶戦となる早慶レガッタ、是非会場までお越しください。

伝統と実績

2019年で創部130年を迎える伝統はもちろん、数々の輝かしい実績を誇ります。
5回のオリンピックへの出場を始め、多くの世界大会での活躍、
早慶レガッタでは2016年に5連覇を達成しています。

マネージャー

数ある体育会の中で最も活動の領域が広い部活の一つです。
日々の練習だけでなく、100人を超す合宿所において、栄養や財務管理、広報など、組織全体のマネジメントを担います。
春に開催される早慶レガッタでは、毎年数百万円の資金調達から企画、運営まで携わります。

部員インタビュー

大学では、自分が本当にしたいことを全力でやることができます。
それは、バイトでもサークルでも部活でもなんでも良いと思います。
でも、もしあなたが、4年間全力で1つのことをやり切りたいのなら、選択肢の1つとしてボート部を考えて欲しいと思います。ここには、最高の仲間と最高に熱くなれる最高の環境が整っています。
勇気をもって挑戦してみれば、一生誇れる大学生活に出会えると思います。

練習環境

陸上トレーニングは、大学キャンパスのある日吉、湘南藤沢キャンパスで実施しています。
また、埼玉県戸田市にボートコース隣接の合宿所を持ち、最新の設備を備えています。

戸田ボートコースは1940年の東京オリンピックのために造成された全長約2kmのボートコースで、
国内では最もボート競技が盛んな場所です。
コース沿いには多くの大学や企業のボート部が合宿所を構え、日本のボート拠点となっています。

端艇部では、ボート大国として知られるニュージーランドに、短期で留学に行くことが出来ます。
期間は約1ヶ月。現地では高い水準のボートのレッスンに加え、オタゴ大学の語学授業やホームステイを通じて文化、英語を学びます。
体育会で頑張りたいけれど留学も叶えたい、両立を実現させるチャンスがあります。

端艇部の1年

早慶レガッタから新潟県や山梨県への合宿、秋には利根川を下る遠漕など、
端艇部にはイベントが盛りだくさん。

皆さんはこれから、学業にアルバイト、サークル、部活動など、多くのことに夢が膨らんでいることかと思います。
やりたいことはたくさんあると思いますが、大学時代の4年間は本当にあっという間です。
だからこそ、今この時の選択がとても大切なものになります。
4年後、皆さんが充実した大学時代だったという自信をもって、慶應義塾を旅立って欲しい。
その充実感をこの端艇部ではお約束できます。
端艇部には4年間を勝ちあるものにする環境が全て揃っています。大きな野心ある皆さんのチャレンジをお待ちしています。

全ての疑問に
お答えします

全てのご質問にお答えしています。
また、少しでもボートや端艇部に
ご興味を持ちましたら、 いつでもご連絡下さい。

合宿生活について

年間でどのくらいの費用?
施設は綺麗?
仲はいいの?

練習について

運動したことなくても大丈夫?
怪我してるんだけど...
どのくらいの強度なの?

進路について

ゼミや留学と両立できる?
バイトしたいんだけど...
就活はどうなの?