早慶レガッタ インタビュー 4番

内田優志

2017対校エイト

吉田高寅

2017第二エイト

金ミナ

2017女子対校エイト

−−今回のゲストは、対校・第二・女子エイトの4番の皆さんです!

対校:内田優志(法学部4年)

第二:吉田高寅(経済学部3年)

女子:金旼我(文学部3年)

−−―よろしくお願いします。

一同:よろしくお願いします。

―−−早速ですが、三人が務める4番というポポジションはどのようなポジションですか?

吉田:やはり8人の真ん中のポジションというのもありますし、かつミドフォアの中央に座っているので、とりあえずパワーは出さければいけないですね。(笑) かつバウフォアの先頭に座っているので、ストフォアのリズムを伝えなくてはならないポジションです。

――中継としての大切なポジションですか?

吉田:そうですね。でもとりあえず水中って感じです。(笑)

――金はどうですか?

金:私も吉田と同じで、真ん中の私がもしリズムを後ろに伝えられないと、後ろの三人もきつくなってくるので、4番はすごく大切なポジションだと思います。

内田:そうだなぁ。僕は最後の砦としてのポジションだと思っているかな。まずストペアが頑張るじゃん。それを6番ペアが支えると思うんだけど、もしストペアと6番ペアが疲れてきた時にバックアップするポジションだと思っているよ。6番ペアに鞭打つポジションでもあるし、ストペアにも鞭を打つポジションでもあるかなぁ。

吉田&金:おおおおお。

金:圧倒されましたね。(笑)

――これで吉田も金も「最後の砦」ですね。(笑)

吉田&金:体格的には。(笑)

内田:司令塔でもあるよね。ストフォアで起こっていることをバウフォアに伝えなければならないし。

吉田:確かにそうですね。重要ですね。

内田:って考えると意外と良いポジションだよね。(笑)

――なるほど。では、4番ならではの悩みやあるあるはありますか?

吉田:あるある…んー…

第二のクルーだとバウフォアが怒られやすいですけど、やっぱコックスやストフォアに色々言われるとバウフォアの先頭に座っている僕に責任があるなぁ、って思ってしまいます。(笑)責任を感じてしまいますね…

――金はどう?

金:悩み…私はずっと前の方に座ってきたので、後ろで漕ぐことの難しさを感じています。(笑)やっぱり水中を出す上でリズムもバウフォアに伝えなければならいので、常にいろんなことを考えていなければいけないなって思います。

内田:そうだねぇ。まずストロークはリズムを作るために頑張るよね。2番は前のリズムが悪かったらどうしようもないし、もしそうだったら発信することしかできなと思うんだ。6番はストペアのリズムを伝える役割があるよね。すると4番ってかなり中途半端なポジションだと思うんだ。(笑)自分でリズムを変えようと思ってもそれは難しいし、僕はもどかしさをすごく感じるかなぁ。(笑)それが僕の悩みだね。

――ありがとうございます!では次の質問に移ります。

早慶戦に勝つためにはなにが必要になると思いますか?

内田:まず4番に共通することは水中出すことだよね。最後まで粘らなければいけないよね。

吉田:そうですね。それに付随してメンタルも大事ですね。「自分が崩れたらダメだ」って常に思い続けなきゃいけないですよね。

−−なるほど。金はどう思っていますか?

金:やはり「絶対に勝つ」っていう気持ちが大事だね。「勝たなければいけない」っていう意思が必要かな。そう思わないともっともっと高いところに行けないと思う。

――勝ちへの執着心ですね。

内田:やっぱ4番の役目は粘りだね。常に声も水中も出して、艇を支えなきゃだね。

吉田:責任感が…

金:本当だね…(笑)

――では最後の質問です。早慶戦で自分のここを見て欲しいというところはありますか? 

内田:僕はやっぱ最後の勝負どころでコールが入った時に、躍動している4番の姿を見て欲しいな。攻める時のワンプッシュのキレを見て欲しい。それくらいかな。

吉田:僕はラストスパートが好きなので、最後船全体を盛り上げるために雄叫びあげているところを見て欲しいです。

内田:おおお。それは大事だね。頼もしい。

吉田:全部頑張りますけど、特にラストスパートですね。(笑)

金&内田:笑笑

金:私は二つあります。去年の早慶戦で撮ってもらった写真がやばかったので…

吉田:漕いでいる最中?笑

金:そうそう。もうほんとやばかった。(笑)

一同:笑

金:全然集中できているような顔をしていなかったので。(笑)だから、今年はもっといつ見られても、すごく集中していて頼もしい姿を見せたいです。

もう一つは、粘り強い姿を見せたいです。

――なるほど。当日は粘り強くて頼もしい姿を見せてください!。

ではこれでインタビューを終わります!

ありがとうございました!

70fb50_05261c0f56a54de3b7f10a83e8258915~mv2_d_2816_1880_s_2.jpg
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email