早慶レガッタ インタビュー バウ

寺坂僚太

2017対校エイト

細田外嗣

2017第二エイト

芝崎佐和子

2017女子対校エイト

今回のゲストは、対校・第二・女子エイトのバウを務める皆さんです!

 対校:寺坂僚大(経済学部4年)

 第二:細田外嗣(法学部法律学科4年)

 女子:芝崎佐和子(経済学部3年)

――よろしくお願いします!

一同:よろしくお願いします!

――それではインタビューを始めていきます。最初の質問です!

皆さんの務めるバウとは、どのようなポジションですか?

寺坂:これ難しいね(笑)

細田:テラ(寺坂)がバウ歴1番長いでしょ?

寺坂:そうだね~、まぁ1番後ろだから、漕手の中で最もコックス(の役割)に近いポジションだと思ってて、クルーにいかに指示を飛ばせるかが問われるね。艇を支えるのも大事だけど、後ろからクルーをまとめる能力も必要だと思うけど、どう?

細田:まぁその通りだと思うよ(笑)

後ろに安心感があれば、前もより自分の漕ぎに集中できると思う。

芝崎:、、勉強になります。

寺坂&細田:(笑)

芝崎:そうですね、やっぱりバウは前のポジションに比べて余裕があると思うので、クルーがどのような状態になっても、冷静でいなければならないなと思っていますね。

寺坂:芝崎なんかバウ似合うよね。

芝崎:いや全然そんなことないです(笑)

細田:すごい特殊なポジションだよね。

寺坂:そうだね。

――では次の質問です!バウならではの悩みやあるあるってありますか?

芝崎:悩み…うーん、声が少し小さいことかなー。

寺坂:それはきついね!たくさん声出さないといけないから。

細田:バウって端っこだから艇をおさえてないといけないんだけど、たまにオールを持ってきてくれない時がある(笑)

寺坂:結局自分で取りに行かなきゃいけなくなるみたいなね(笑)

あと転回のときにすごくこき使われるから、休めない。水飲んでないよ~ってなる(笑)

細田:あとすごい揺れる!

寺坂:揺れるね!漕ぎ辛い。

芝崎:隅田川なんてすごい揺れですよね?

寺坂:本当に難しい(笑)

細田:だから何もできない時がある(笑)

――いろいろ大変なポジションなんですね…

次に、早慶戦で勝つために必要だと思うことは何ですか?

芝崎:ちょっと考えます。(笑)

寺坂:早慶戦は3750mですごく長いし荒れるから、とにかくまとまること。

波とかが来ても、バラバラにならずに、何か1つのことに戻ってまとまんないといけないと思う。そのまとまるポイントを決めておくことかな。

細田:バウとしては、声を出し続けることかな。僕は橋通るたびにその橋の名前全部言ってる(笑)

寺坂:それいいよね!橋の下は声すごい響くし。相手にも聞こえるように言う。

細田:僕が去年第2に乗ってて思ったのは、勝ちたいと思うだけじゃ絶対に勝てないということ。どうやって勝つのか、勝ってどうするのか、っていう前後を本当にクルー全体でもっと突き詰めていかないといけないと思ってる。

寺坂:さぁ芝崎さん、満を持してどうぞ(笑)

細田:結構考える時間作れたよね!?

寺坂:まぁまぁ作った(笑)

芝崎:ありがとうございます(笑)

やっぱり女子は1000mなので、本当にいかに強気に攻められるか。本当に最初から最後まで出し切らないといけない。

細田:頑張って最初から出ちゃって!

芝崎:はい!

――ありがとうございます。最後の質問です!本番、自分のここを見てほしい!っていうのはありますか?

細田:はい!(挙手)

寺坂:はい、細田さん(指名)

細田:僕は当日、背中に慶應のKのマークを付けてるんですよ。バウはみんな付けるんですけど。絶対にそのマークが先に桜橋を通過するんで、見ていてください!

一同:おぉぉーー(感心)

寺坂:最高の答えが出たね。もう僕らのはいらないんじゃない?(笑)

芝崎:ほんとですね。

細田:ダメだよ!(笑)

寺坂:僕は、本当に試合中ずっと声出し続けるんで、テレビとかコックスのマイクがそれを拾ってくれたらいいなぁ。

芝崎:ポジション的に1番最初に、誰よりも早くゴールラインを超えることができるから、とにかくそこを見てほしいです!!

――ありがとうございました!これでインタビューは終わりです!

当日は、的確な指示と声で、艇を引っ張っていってください!

70fb50_8d8571d7ed34469484fb5c87acfc0059~mv2_d_2816_1880_s_2.jpg
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email