早慶レガッタ インタビュー 2番

北原敬梧

2017対校エイト

麓政人

2017第二エイト

青木遥南

2017女子対校エイト

今回のゲストは、対校・第二・女子エイトの2番を務める皆さんです!

 対校:北原敬梧(法学部法律学科4年)

 第二:麓政人(医学部3年)

 女子:青木遥南(法学部法律学科2年)

――早速始めていきます!まず、2番とはどのようなポジションですか?

麓:2番は船全体が見渡せるポジションなので、声を出してクルー全体を鼓舞することや、指摘することのできるポジションですね。

北原:早慶戦においては、両国のカーブを曲がるのにストロークサイドで一番後ろに座っている2番が船を一番曲げやすいため、重要だと思います。青木はどう思う?

青木:船を立たせるために重要なポジションなので、頑張れと言われています。(笑)

北原:たしかに重要だね。(笑)

でも基本的にやっぱ2番は主役って感じではないよね。ストロークとかバウに比べると。

麓:そうですね。(笑)

青木:北原さん去年ストロークですごい主役でしたもんね!

北原:いやそんなことはないよ。(笑)2番も2番なりの良さがあると思うよ!

麓:僕は高校時代ずっと後に座っていたので、2番は落ち着きます。

――2番ならではの悩みやあるあるってありますか?

北原:対校の場合は、ストサイよりバウサイの方がよりエルゴが回るし、パワーバランス的にバウサイに偏っているから、両国のカーブを曲がるときに苦労しているかな。

青木:私はストロークのAさんの指示が聞こえないのが悩みです。(笑)

北原&麓:笑笑

北原:もっと大きい声出してくれると有り難いよね。(笑)麓は?

麓:岸つけのときの抵抗がうまくいかないのが悩みです。

北原&青木:笑笑

――次に、早慶戦を勝つためになにをしなければならないと思いますか?

麓:第二は対校と並べているときも、最初に先に行かれてしまうことが多いので、最初から先に出ることが大事だと思います。

青木:女子もスタートで出ることを課題としているので、スタートが大事ですね。

北原:僕もスタートで出ることも大事だと思うけど、「一体感」も大切になるかなと。上げ際や勝負所でひとつになれれば、より勝ちに近づけると思います。

――ありがとうございます!では、最後の質問です。試合当日に、自分のここを見て欲しいと思うことはありますか?

北原:青木と麓なんかある?

青木:体育会に入っていても、全員が早慶戦に出られるわけではないので、まずは早慶戦に出ている姿っていうのを家族や友達に見て欲しいです。

北原:僕もそれは思うな。

麓:僕はえぐっている顔を見て欲しいです。(笑)

北原&青木:笑笑

北原:早慶戦っていうのはやっぱボート部が輝ける数少ない機会で、さらに6連覇もかかっている重要な試合だから、その舞台で勝利して喜んでいる姿を見て欲しいかな。マネージャーやコーチ、支えてくれた人たち全ての喜びが詰まっていると思うし、それだけ大きな喜びだと思うから、早稲田よりも早くゴールして喜んでいる、その熱い瞬間を見て欲しいです。

 やっぱあの瞬間を見てグッときた人は、ボート部にぜひ入った方がいいと思う。

一同:おぉーーー(拍手)

北原:(満足気)

――ありがとうございました!これでインタビューは終わりです。

本番は感動の漕ぎを期待しています!

70fb50_239b97a6580c474a8da5edece5ded4ae~mv2_d_2816_1880_s_2.jpg
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email