早慶レガッタ インタビュー 3番

長石治徒

2017対校エイト

鈴木魁

2017第二エイト

江藤祐実

2017女子対校エイト

今回のゲストは、対抗・第2・女子エイトの3番を務める皆さんです!

 対校:長石治徒(総合政策学部4年)

 第2:鈴木魁(経済学部2年)

 女子:江藤祐実(経済学部2年)

一同:よろしくお願いしまーす

――ではいくつか質問していくので答えていただけるとありがたいです。まず最初の質問です!3番とはどういうポジションですか?

鈴木:では上級生のバルトさんからどうぞ(笑)

長石:まぁ鈴木を見ればわかると思うけどパワーが必要なポジションだよね。ね、祐実ちゃん(江藤)?

江藤:そうですね(苦笑)

長石:そうでもないのか(笑)男子だけなのかもしれないけど後ろからも押せ押せ言われるし

鈴木:僕も言われます(笑)

長石:やっぱり?あとはバウペアの声を前まで伝達させるのも仕事だよね。

長石:なんか俺しか話してないけど、祐実ちゃんとかどう?

江藤:はい、そう思います!

一同:(笑)

鈴木:僕も後ろから「3番声出せ!」って言われますね。伝達もだし自らの発信も大切かなと思います。

――江藤も言われる?

江藤:私は前の人を支えるために「水中!」って言われることが多いですね。後ろから盛り上がっていくみたいな感じですかね。

鈴木:後ろから煽っていくポジションですね。

――水中も声も元気なポジションなんですね。

それでは3番ならではの悩みやあるあるを教えてください!

鈴木:さっきと同じになってしまうんですけど、声と水中のどちらも出しつつ自分の気を付けるポイントもやらなきゃいけないので、意外と神経使うポジションですね。

長石:ミドフォアのバウとして水中を出しつつも、まとめる仕事もある感じだよね。

良くないときは特に盛り下がってしまうこともあるから、声で雰囲気から変えていこうとすることはあるし、実際それで変わることもあるよね。

鈴木:そうですね。

――ありがとうございます、次の質問です!早慶戦で勝つためには何が必要だと思いますか?

長石:まずは自分がしっかり漕げることで、その上で全員が漕げることが大事かな、当たり前だけど。だからしっかり練習後のビデオとかで確認しているかな。

鈴木:僕らの場合、技術は確実に対校エイトより劣っているのですが、比較的若いクルーなので2年生から勢いを出していきたいですね。

江藤:早稲田の選手はすごくいい選手が多いので、慶應はユニフォミティを合わせることを鍵としています。

――なるほど。意外とそれぞれ違うことを考えているのですね。個々人がしっかり考えている証拠ですね! それでは最後の質問です。当日自分のここを見てほしいポイントはありますか?

長石:最後の質問は祐実ちゃんからいこうか。

江藤:ええー(笑)、じゃあここは、強気に勝つ瞬間を見てほしいですね!

男性陣:おおーーー(謎の拍手)

鈴木:僕は頑張って声を出しているところを見てほしいですね。

江藤:咆哮するの?

鈴木:うん。

長石:ゴリラみたいだな(笑)

一同:(笑)

江藤:ちなみにどこで咆哮するの?

鈴木:んん~じゃあ言問橋から桜橋の間で咆哮し続ける。

江藤:そんなに!?

長石:観客に聞こえていいんじゃない?

鈴木:響かせます(笑)

長石:僕は勝って漕ぎ終わってたらテンション上がりすぎてどんなポーズとってるか見てほしいかな。

鈴木:自分でもどんなポーズとるかわからないですか?

長石:うん、まったく(笑)怖いなー。

一同:(笑)

――皆さんの注目ポイントが聞けたところでインタビューは終わりです。皆さんありがとうございました!本番が楽しみです!

70fb50_5122766eecc0474fb558511ac7051302~mv2_d_2816_1880_s_2.jpg
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email