早慶レガッタインタビュー 7番

高田 直人

2017対校エイト

高崎 隼人

2017第二エイト

野方 千裕

2017女子対校エイト

今回のゲストは、対抗・第2・女子エイトの7番を務める皆さんです!

 対校:高田直人(総合政策学部4年)

 第2:高崎隼人(商学部3年)

 女子:野方千裕(法学部政治学科4年)

一同:拍手

——早速ですが質問に移ります。皆さんの思う7番というポジションとはどんなものですか?

高田:7番かー、、まぁ結構大事なポジションだよね。ストロークは顔って言われるけどその顔を一番近くで支える役だし、バウサイの一番前でもあるからね。ストロークとずれたら艇全体がずれちゃうっていう難しさもあるし。

高崎:僕もそう思います。今までの対校でも乗っていた人がすごい人ばかりなので…(ちらっと横を見る)

一同:笑

高田:イケメン多いよね~(満足気)

——野方はどうですか?

野方:まぁ二人が言った通りで、ストロークと合わせつつ崩れたら立て直さなきゃいけないから頑張らないとだよね

——ありがとうございます。その上で7番ならではの悩みってありますか?

高田:えぐい…(即答)

高崎:あ~そうですよね。とにかく重い

高田:特にしんどくなってきて動きがずれてくると半端ないね

一同:(頷き)

高田:まぁ今でも5番に戻りたいという気持ちはあるよね。特に早慶戦は長いし。

去年は隅田練に行くときは毎回7番から5番になってたわ。一度7番で行ったときに途中リタイアしたし(笑)

——では今回は満を持しての7番ですね

高田:さすがに今年は最上級生だし恥ずかしいところは見せられないし。

野方:今年は吐いてないもんね

高田:成長だね

    そういう野方は?

野方:皆ストロークを支えようっていうけどストペアって言ってほしいな(笑)7番もエグいし

高田&高崎:ストペア支えようじゃないの?

野方:なんかね、女子は違うみたい

——野方は支える必要ないと思うくらいすごいってことじゃないですか?

野方:そうだと嬉しいね

——それでは次の質問に移ります。早慶戦で勝つためのポイントを教えてください!

高崎:ストペアでとにかくいいリズムをどんな状況でも刻み続けることですかね。

高田:同じかな。もうマシーンのように同じリズムを刻み続けることかな。あとは後ろの人たちに任せるって感じで。

野方:女子は1000なのでストペアでスタートからガンガンスピードをだして、波で後ろが焦っても私とストロークの渥美でいいリズムを刻むことかな。

——なるほど。では最後の質問です。本番は自分のここを見てほしいというのがあれば

教えてください!

野方:ん~顔?

一同:(爆笑)

——それはどうゆうことですか?

野方:以前に写真を撮っている人に私の顔が一番撮りがいあるって言われたことがあるんだよね。要はすごい顔をしているってこと。

高崎:(失笑)

野方:高崎笑うな!まぁ本番は温かく見守ってほしいです。

高田:映像で3750mずっと流れているのでリズムの安定感を見てほしいかな

野方:まじめかよ…

高崎:僕も同じですね。3750m漕いだ極限状態の水に濡れた僕を見ていてほしいですね

一同:(沈黙)

——はい!わかりました皆さんありがとうございました。皆さんの早慶戦への思いが聞けたところで終わりにしたいと思います!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email